現役・大学キャリセン勤務のキャリアコンサルタントです。面接練習・ES、履歴書添削を受付ています。詳細はこちらをクリック
人生を しなやかに

大学生の就活支援・情報教育支援をしているキャリアコンサルタントのサイトです。
キャリア教育・情報教育・Edtech・子育て関連のブログを綴ってます。
学生、既卒者にはzoom,Skypeでの面接練習、Mail,LINEでの履歴書ES添削、就職相談全般可能です。
学生の保護者様には、お子さんの就活サポート相談を承っております。

お問合せはこちら

自分の人生をデザインするには?上司に希望を言う?言わない?

スポンサーリンク
思うこと

出産後、久しぶりに仕事のことを考えた。

今日は年度末。

去年の今頃は、働く母となって4年、
もやっとしたものが少し吹っ切れた時でした。

長くなりますが、その当時の話。

4月で退職する人の仕事の
ほぼ全てが私のミッションとして降りてきました。

しかも私のミッションは何ひとつ減ることはなく。

急な退職だったので、ほぼ全てが口頭引継ぎという短期決戦。

まぁ、そんな事はなんとかできる範囲でしたが、
実はその年度にフルタイムで
(正確には平均20~30時間は残業+持ち帰り仕事も多々)
1年仕事をし、ミッションはやり切った感はありますが
さすがに会社でのポジション的にも、
家庭にも歪みが出てきてたことを
解決したいと思っていた矢先だったので、

さすがに、限られた時間内で、今以上、
ましてや2人分の仕事は無理だなと思い

上司に
①期待をかけてもらってるのはありがたいが、
今期以上の働き方は、来期は難しい
②すべてをやるなら、仕事の完成度は今期の半分くらいになってしまうけれどそれでOKか?

プラス、自分はプライベート第一に考えていること、
2人目の子を持つことも考えているなど、
腹を割って話しました。

結果、①も②も了承が得られ、
自分的には納得して働くことができました。

昔(働く時間に際限ない頃)の私なら
仕事できない人と思われたくないから言わないことを、
働く母となって言うことができたのは、

●自分は何を大切にするのか?を決めて公言した
●「無理なことは無理」「なら、どこまでできそうか」
限界を知り、謙虚になることが、会社にとっても必要と気づいた
●理想と離れた状態になった場合、
それに納得できているかを考えるようになった。

時間は有限だし、仕事はいくらでも降りてくるし、
降りて来なくても、やったほうが良いと気づいちゃうことも多々あるし、
仕事漬けになってても、それが誰かの何かのためって
わかってるのとわかってないのとは大きく違う。

何より、自分の人生デザインするのも自分だもんね(^^)v
上司との関係性にもよるかもだけど、キャリアを踏まえた人生を考えて
どう思っているのか、何を望んでいるのかを伝えるのって大切。

今は育休中で、復帰は来春になると思うけど、
このことを忘れないように記しておこうと思います(^_^)